電話をかける 24時間WEB予約

感染症対策

衛生管理・院内感染症対策を
徹底しています

感染症対策

標準予防策(スタンダードプリコーション)に基づく院内感染症対策を実践しています。使用した医療器具を患者様ごとに消毒・滅菌処理を行うのはもちろん、様々な専門機器を導入し、安心して治療を受けていただけるよう徹底して衛生管理を行なっています。

スタンダードプリコーションとは

医療現場にて適用される感染予防策で、感染の有無に関わらずに様々な患者様に対して適用される感染予防対策です。"汗を除く全ての血液、体液、分泌液、損傷もある皮膚・粘膜は感染症病原体を含む可能性がある"という原則に基づいて、手指衛生や個人防護具の着用など感染症リスクを減少させる予防策のことを、スタンダードプリコーションといいます。

クラスBオートクレープ
(高圧蒸気滅菌器)

世界標準の滅菌対策として、クラスBオートクレープを導入しています。これはヨーロッパ規格EN13060の最高基準「クラスB」の高性能滅菌器で、あらゆる形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌可能とされています。治療に用いる様々な器具の滅菌対策に貢献します。

クラスBオートクレープ

歯科用ユニット(KaVo社製)

うがい水や治療時に用いる水は、診療ユニットの機器を通じて出るようになっていますが、一般的な機器の構造では、夜間や休診日の間に給水チューブの中に菌やカビが繁殖しやすい状態にあります。

当院で導入している診療ユニットは、ドイツKaVo社による先進の衛生管理システムを搭載した機器で、低濃度の過酸化水素水によって常に給水管内を清潔に保つ水消毒を行うことが可能です。清潔で安全な水環境にもこだわり、より精度の高い治療をご提供いたします。

当院の安心・清潔な水へのこだわり
歯科用ユニット

 

エアロゾル・飛沫感染防止対策として、当院では強力なバキュームシステムを導入しております。歯を削るときなどに発生する、細かな粉塵も確実にキャッチして、院内環境をクリーンに保ちます。

当院では、患者様にいつも安心・清潔な水環境のもとで治療を受けていただくために、ドイツKaVo社による先進の水消毒システムを搭載した歯科用ユニットを導入し、治療水の衛生面にも万全の体制を敷いております。

口腔外バキューム

歯を削ったりする際には、目に見えない細かい粉塵や血液・細菌などが飛び散ります。このような粉塵が広がらないように、当院では口腔外バキュームを設置しており、細かい粉塵等を吸い取り、患者様にとってクリーンな診療環境になるよう努めています。

口腔外バキューム